Theme


■メディア別


gendai

2014-12-26「経済ニュースの裏側」 2014年「いいね!」ランキング

2014-12-24 アベノミクスの成果はあったか。今年の10大ニュースで検証する

2014-12-17 倒産件数減少を、「アベノミクスの効果」というのはおかしくないか


smart

2014-03-19 原発再稼働にも信念なし。安倍内閣にはエネルギー政策の司令塔がいない

2014-02-21 都市ガス事業の全面自由化で、エネルギーの「価格競争」が始まる!

2014-01-22 決まらない「エネルギー基本計画」---安倍内閣の命取りにもなりかねない「原発」への取り組み


facta

2014-12-01 会計士協会長選の「ガバナンス」

2014-11-12 「献金再開」でも力戻らぬ経団連

2014-10-07 GPIFは「緒戦」の塩崎厚労相


erneos

2014-12-15 運用資産の見直しを断行したGPIFには 国民の年金財産を守る組織改革こそ重要

2014-11-05 円安がプラスだという思い込みは危険 日本の産業構造はすでに大きく変わっている

2014-10-14 カジノは観光立国の切り札になるか 「統合型リゾート法」に企業が熱視線


wedge

2014-12-09 あなたはタックス・ペイヤーか それともタックス・イーターか  税金の使われ方を透明化する


wedge

2014-11-17 工場の町・東大阪 郷土の偉人で町おこし

2014-10-28 儲かる漁業へ! 大学と現場が共に考える


forsight

2014-12-18 落第点「コーポレートガバナンス・コード」で株価急落か

2014-12-12 では「増税派」「経済成長派」どちらの主張が正しいのか

2014-11-18 「GPIF改革」めぐる「塩崎大臣vs.厚労官僚」熾烈バトルの内幕


sankei

2014-12-11 財政赤字でも増える公務員ボーナス

2014-10-29 法人減税で「サプライズ」なるか

2014-10-01 GPIF、運用の独立性確保できるか


business

2014-12-19 たとえ危険でも、老朽原発を再稼働させようとするワケ  「新しい原発の方がより安全なのは当たり前」だが…

2014-12-05 消費税先送りに「勝利」した安倍首相は、アベノミクスを貫徹できるか?

2014-11-21 認知症対策は重要な国家戦略だ 安倍内閣でも本腰


166

2014-12-08 消費増税の影響ジワリ  好調だった宝飾品 消費にブレーキ

2014-10-10 復興需要に沸いた東北地方に「消費の変調」

2014-08-11 中国人観光客急増で伸びる「国内外需」


opinion

2013-07-03 国会議員の質問力を評価 政策監視会議(万年野党)

2012-12-03 国会議員の活動データを集積する会

2012-02-14 「報道姿勢について新聞は総括すべき」は正論だ。


interview

2014-11-14 スイス在住を経て - スイス滞在経験を持つ日本人にインタビュー / 日本経済新聞編集委員 滝田洋一氏

2014-11-13 話題の書『人口激減』著者・毛受敏浩氏が語る 「人口激減国家・日本は移民を受け入れるしかない」

2014-10-21 若手向けにビジネス予備校 岡村進・人財アジア社長 「世界で生き残れる、変革心のある人を育てたい」


FAB

2014-06-10 美味しい和菓子をいただきます

2014-03-25 You want to know the truth. Talk to strangers at the bar(フリー淡路ブックNo4特集記事)

2013-12-16 I think about my life as having a cup of coffee(フリー淡路ブックNo4特集記事)


others

2014-12-25 業界なれ合いの政治資金監査 弁護士も税理士も「監査人」(週刊エコノミスト12月2日号)

2014-07-29 社外取締役導入企業が74%に 背景に政治と機関投資家の力(週刊エコノミスト7月22日号)

2013-12-18 日本のエネルギーコストは下がるのか!? LNG市場創設に動き出した経産省の狙いとは


shohyou

2014-09-30 かつての名経営者と現場社員たちが見た「消滅」の内幕-日本企業の現実を描く

2014-02-18 「亀井モラトリアム法」実質延命

2013-06-03 久保利英明著『日本改造計画』(商事法務)


 

■カテゴリー


▶ 金融資本市場の話題


▶ どうなるIFRS


▶日本復活へ、政策を考える


▶ 今、この人に着目


オピニオン


プレミアム・インタビュー


 

 

Books

ahohyou

 

  sanyo

『会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから』
(大西康之)

出版社:日経BP社
価格:¥1,600
発売日: 2014/07/08

buy

 

 

shohyou

会社が消えた日 
三洋電機10万人のそれから

 話は三洋電機の総帥だった井植敏氏の芦屋にある自宅を日本経済新聞の編集委員である著者が「夜打ち」するところから始まる。

 三洋電機の凋落と消滅を見守り続けてきた著者は、2006年に『三洋電機 井植敏の告白』という前著を書いた。本人によれば、「創業者がいい加減な経営をしてきたから、会社が没落したのではないか」というのが最大のメッセージだった。その後、三洋電機は著者にとって予想外の展開を遂げる。

 出資を仰いだ金融三社にバラバラにされ、残った本体もパナソニックに売却。パナソニックは三洋電機のブランドまで消し去ってしまう。なぜこんなことになってしまったのか、もう一度、井植氏に聞きたいというのが自宅を突然訪ねた理由だった。

 大企業の社員なら、自分の会社が潰れるなどと考える人は少ないだろう。だが、この本を読み進むと、三洋電機の話は決して他人事ではないと分かってくる。「銀行にハメられたのではないか」という著者の仮説をよそに、かつて名経営者と持ち上げられた老人は静かに言う。「資本主義というのは、そんなもんとちゃうか」

 この20年、世界では経済のグローバル化が進展し、企業の生き残りをかけた勝負の決め手は経営力になった。一方で、日本のモノづくりは世界一だという神話に慢心した日本の経営者は大きく劣後していった。日本のぬるま湯的な経営や組織が、世界に通用しなくなった。

 本書の締めくくりでアイリスオーヤマの大山健太郎社長に語らせている。「事業の目的は利益であってシェアではない」。資本主義の中で生きる会社である以上、当然過ぎる話だが、日本の大企業の多くは、いまだにシェアを気にして、低収益に甘んじている。

 本書の後半は三洋を去った何人かの人たちの生きざまを追っている。一企業を舞台にしたヒューマン・ドキュメントは往々にして、ノスタルジーに満ちた日本型経営やモノづくりへの礼讃になりがちだ。だが、本書は現場の具体的なエピソードをつづる一方、世界や日本の経済の大きな流れを踏まえる視座の高さ、スケールの大きさを併せ持つ。それも日経産業部きっての現場派記者である著者ならではだろう。時に目頭を熱くさせ、時にやり場のない焦燥感を抱かせながら、一気に読破させる一冊だ。

 

111

『日本改造計画』
(久保利英明著:商事法務)

出版社:(商事法務)
価格:¥3,150 
発売日: 2013/5/25

buy

 

shohyou

久保利英明著『日本改造計画』(商事法務)

 日本という国は変わらないようでいて、少しずつ変わっていく国ではないでしょうか。20年前に政治家の小沢一郎氏が出した「日本改造計画」という著書はベストセラーになりましたが、振り返ってみると、そこに書かれていた国家統治の仕組み(ガバナンス)の多くが実現しています。20年を経て、このほど、同じ「日本改造計画」という本が出ました。著者は弁護士の久保利英明さんです。サブタイトルに「ガバナンスの視点から」とありますが、政治の話ではありません。企業や国家組織を巡るガバナンスのあり方を変えることで、日本が大きく変わると主張しているのです。

 私が久保利さんを始めて取材したのは四半世紀前、久保利さんがまだ40代の頃でした。当時から日本の企業統治、コーポレート・ガバナンスのあり方に苦言を呈し、改革を訴えてきたこの問題の第一人者です。アベノミクスの成長戦略づくりの議論の過程で、民間議員からコーポレート・ガバナンスを強化すべきだという意見が出されました。民主党政権下の会社法改正論議でも「社外取締役の義務付け」がテーマになりましたが、ご承知の通り、経団連などの大反対によって見送りになりました。ところがです。義務付けに強く反対していた守旧派とみられてきた日立製作所やトヨタ自動車が遂にガバナンス改革に動き出しています。トヨタは今度の株主総会で社外取締役を迎えます。少しずつ変わっていく、といったのはこのためです。

 ただし、何もしないで変わるわけではありません。問題の本質を抉り、改革案を主張し続ける人がいなければ変わらないのではないでしょうか。そういう意味で、第一人者の久保利さんがまとめた『日本改造計画-ガバナンスの視点から』(商事法務)は必読の書と言えるでしょう。

 

kaikei

『対談 わが国会計・監査制度を牽引する 会計人魂!』(川北博/八田進二 著:同文館出版)

出版社:(同文館出版)
価格:¥1,890  
発売日: 2012/12/7

buy

 

shohyou

『対談 わが国会計・監査制度を牽引する 会計人魂!』
(川北博/八田進二 著:同文舘出版)

 会計士業界の取材を始めて20年以上になりますが、業界の知識がまったくない頃いろいろ教えていただいたひとりが川北博先生です。その弟子とも言える八田進二・青学教授が対談本を出されました。裏話もいろいろあって面白い本です。少し前ですが、会計専門誌に掲載された私の書評を以下に再掲します。
 終戦直後に新しく制定された公認会計士試験の草創期に合格した会計士は、独立自営の精神に溢れたサムライが数多くいた。いわば「第一世代」の会計士たちである。戦地から戻ったものの公職や教職に就くこと禁じられていたこともあり、士業に就いた人たちも多かった。それだけに、国家権力に媚びない腹の据わった人物が揃っていた。そんな第一世代の数少ない生き残りが川北博先生である。
 私が会計士業界の取材を始めた20年前、川北先生はすでに日本公認会計士協会の会長職を終えていた。それでも川北先生の茅場町の事務所には数えきれないほど通ったものだ。戦後の会計士制度の変遷に直接携わってきた川北先生の話は、会計士制度の本質を理解する上で不可欠に思えたからだ。
 企業会計を巡る不祥事が起これば、真っ先に川北先生にコメントを求めた。必ず新聞記者が求める辛口の論評を聞けたものだ。今は廃刊になったが日本経済新聞が出していた日経金融新聞で、戦後の監査史を連載した際、数時間のインタビューを毎日のように続けたこともある。そのたびに川北先生の「会計人魂」に触れる思いだった。

 

fuseikaikei

不正会計―
早期発見の視点と実務対応

出版社:(清文社)
価格:¥4,200   
発売日: 2012/9/20

buy

 

shohyou

『不正会計 早期発見の視点と実務対応』
宇澤亜弓

ちょっと古くなりましたがFACTAに昨年掲載した書評を以下に再掲します。本の中味はまったく古くなりません。

「粉飾ハンター」が明かす実例と極意 2012年12月号 [BOOK Review]

 FACTA発行人の阿部重夫がブログで「『粉飾ハンター』の異名を持つ」と紹介したことが大きかったという。「すっかり『粉飾ハンター』が定着してしまって」と宇澤亜弓氏はしきりに照れた。短く刈り込んだ髪型は今でも「捜査官」スタイルだが、冷静沈着な語り口は公認会計士のそれである。
 関西学院大学法学部を出て会計士試験に合格、大手監査法人で監査などを担当、関学大学院の会計監査の名門、平松一夫研究室でも学んだ。
 ところが、その後の経歴は多くの会計士と大きく異なる。警視庁で「財務捜査官」となり、捜査二課で企業犯罪の捜査に携わったのだ。バブル崩壊期に企業の不正事件が頻発したが、決算書が読める捜査官などほぼ皆無。専門家を登用するためにつくられたポストだ。
 次いで証券取引等監視委員会で「主任特別調査官」などを務めた。決算書から粉飾など不正会計の臭いをかぎ、事件の端緒を掘り起こす役割だった。昨年、役所勤めを辞めて個人事務所を開いた後も、最高検察庁の委員会の参与などを務め、金融庁の研修などで講師をしている。

 

nissan

佐藤正明「日産 その栄光と屈辱 消された歴史 消せない過去」

出版社:(文藝春秋)
価格:¥2079   
発売日: 2012/10/12

buy

 

shohyou

佐藤正明「日産 その栄光と屈辱
消された歴史 消せない過去」

 会社に盛衰はつきものだ。そこには必ず会社の方向を決定づけた経営者がいる。「創業者」が会社を生み育て、どん底から復活させれば「中興の祖」と語り継がれる。だが、会社をダメにした張本人が真正面から指弾されることは稀だ。
 そんな中で、本書は間違いなく異色の経営ノンフィクションだ。日本を代表する名門会社でありながら、最後は自らよりも規模の小さい仏ルノーの傘下に入った日産自動車の「屈辱」を、石原俊(たかし)氏というひとりの社長の失敗に帰している。
 石原俊氏は早くから日産のプリンスと呼ばれ、社長就任後は経済同友会代表幹事などを務めた。勲一等旭日大綬章を受けるなど、いわば位人臣を極めた経営者だ。その石原氏が強引に進めた英国工場の建設が日産の凋落を決定付けたと本書は糾弾する。
 「石原さんは『経営は継続』という鉄則を踏み外し、個人の名声を高めるため無謀な海外プロジェクトに走ったことから、名門企業を奈落の底に突き落とした」
 そんな具合に完膚なきまでに石原氏を叩きのめしている。だが本書が異色なのは、ノンフィクション作家の単なる「見立て」で、石原批判を展開しているわけではない点だ。
 著者の佐藤正明氏は日経新聞産業部が生んだ名物記者だった。徹底して経営者に食い込み、経営についての相談も受ける。半ば一心同体になって企業を見守り続ける記者はかつての日経新聞には数多くいた。そんな中で「自動車と言えば佐藤正明」だった。

 

inbou

秦郁彦「陰謀史観」

出版社:(新潮社)
価格:¥777   
発売日: 2012/04/17

 

shohyou 秦郁彦「陰謀史観」

 最近とみに「陰謀論」ばやりだ。経済書ビジネス書のコーナーではそうした陰謀論がベストセラーとして並んでいる。読めば面白いことこの上ない。そんな「陰謀史観」の変遷をたどったのが、この本だ。幕末から「欧米の陰謀」をベースにした著作が流行し、それが世の中の維新ムードにつながったという話や、戦前の軍部による「陰謀」「策謀」の分析など、陰謀論の構造を考えるうえで、面白い。
 だが、すべてを陰謀で説明できるほど世の中は単純ではない。「国際金融資本の陰謀」「米国の陰謀」というレトリックですべてを説明する手法は、所詮抗っても無駄だという「思考停止状態」を産む。どんな国家にも、組織にも「戦略」はある。それを実現するための「戦術」もある。「米国の陰謀だ」と言うのなら、それに対抗できる陰謀を日本もめぐらせてみてはどうだろう。

 

okinawa

軽部謙介「沖縄経済処分」

出版社:(岩波書店)
価格:¥2,625   
発売日: 2012/4/27

 

shohyou 軽部謙介「沖縄経済処分」

 先日、私の主宰する勉強会で、旧知の軽部謙介さんに「沖縄」についてご講演いただいた。軽部さんは時事通信社の記者で、経済部畑を歩き、日銀や大蔵省(財務省)詰め、ワシントン支局、ニューヨーク総局長などを歴任。現在は編集局次長を務めている。これまでも何冊も本を書いているが、米国の公文書の情報公開などを求め、史料を発掘する正攻法のドキュメントに取り組んでいる。本書は沖縄の日本への返還にあたっての「密約」がテーマだ。政権交代で政府は密約の存在を公式に認めたが、仮に自民党に政権が戻った場合、「密約は存在しない」と言い続けてきた責任が改めて問われるのではないか、と軽部さんは語っていた。

 

kensatu

村山治「検察―破綻した捜査モデル―」(新潮新書)


出版社: 新潮社
価格:¥799
発売日:2013/2/15

 

shohyou 検察 破綻した捜査モデル 村山治著

 村山さんは検察取材の第一人者です。半ばインサイダーと言ってもよいかもしれません。検察の内部を知り尽くした記者なのです。本書の中で「(検事が)~と知人に語った」という下りが何カ所か出てきますが、これは恐らく、検事が村山記者に直接語ったことなのだろうな、と読みながら思いました。その村山さんにここまでスパッと批判される警察の捜査手法は、本当に時代遅れのガラパゴスということなのでしょう。政界を取材していると、決してカネで動く政治家が減ったわけでないことに気付きます。しかし、この本を読んでいると、特捜部がそんな「悪」に迫ることはもはやできないのではないか、と思えてきます。

 

olympus

チームFACTA オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社

出版社:平凡社
価格:¥1680  発売日: 2012/5/27
buy

 

shohyou オリンパス症候群-
   自壊する「日本型」株式会社

 チームFACTA名で「オリンパス症候群」を平凡社から刊行しました。タイトルの通り、オリンパスの巨額損失隠し事件は、日本の株式会社全体にかかわる問題だという視点から書いています。FACTA編集主幹の阿部重夫さんを筆頭に、私と松浦肇の「日経脱藩組」3人と、財務省脱藩の高橋洋一氏の4人で分担執筆しました。日経の3人は証券部に籍を置き、日本のコーポレート・ガバナンスの変遷を見続けてきました。高橋氏は財務省時代に金融検査の現場などで日本の金融機関の問題行動をつぶさに見てきた人です。オリンパスを機に何かを書き残さざるを得ない運命にあった4人と言うことができると思います。コーポレート・ガバナンスに関心のある方は是非ともご一読ください。また、日本経済はなぜこうもダメになったのか、と疑問に思っている方にもご一読をお薦めします。

 

bouryokudan

溝口敦 「暴力団」(新潮新書)

出版社:新潮新書
価格:¥735  発売日: 2011/9/16

buy

 

shohyou 溝口敦 「暴力団」(新潮新書)

 先日、ジャーナリストの溝口敦さんにお会いしました。15年以上前から存じ上げていますが、いつも静かで穏やかな方です。「パチンコ 30兆円の闇」「食肉の帝王」「暴力団」と著書のタイトルを書くだけでも、溝口さんが「日本のタブー」に挑戦してきたことが分かります。厳つい専門分野とは裏腹にとてもやさしい人です。新潮新書からの近著「暴力団」は、暴力団取材の第一人者である溝口さんの専門分野の「入門編」のような書籍。これまで溝口さんの本を読んだことのない方は必読です。売れに売れてすでに27万部とのこと。昨今の暴力団排除の流れもあって、関心が高まっているのでしょう。これをきっかけに溝口ファンが一段と増えることを期待します。
 溝口さんも今年70歳になるそうです。若手のジャーナリストも負けてはいられません。私も若手と思っていたら、今日が誕生日で、50歳になってしまいました。

 

book

会計専門家からのメッセージ—大震災からの復興と発展に向けて— [単行本]

出版社:同文館出版
価格:¥1,890 発売日: 2011/9/17

buy

 

shohyou 会計界のAKB48の真面目な提言

 会計学者や会計士など48人による震災復興についての提言集。八田進二・青山学院大教授や藤沼亜起・元公認会計士協会会長らが編者になってまとめている。日頃、数字を通じて経営を見つめている人たちだけあって、説得力のある具体的な提言が多い。
 また、図らずも、それぞれの学者のカラーが色濃く出ており、会計界の貴重なディレクトリーになっているのも興味深い。
 アカウンティング・ナレッジ・ボードの48人で「会計界のAKB48」と謳っているあたり、まとめ役の八田教授の遊び心+営業マインドが如実に表れている。言うまでもなく会計界の大御所演歌歌手のような人たちは加わっていない。


 

chosho

 

book

buy

 

book 国際会計基準戦争 完結編 [単行本]

出版社:日経BP社
価格:¥1,890 発売日: 2010/4/22

会計基準とは企業の強さを測るモノサシである。国際会計基準(IFRS)は、ヨーロッパが中心となって世界の標準化を狙ってきたものだ。この会計の国際標準化をめぐって、なぜ世界各国がすさまじい覇権争いをするのか。本書は、長年この動きを取材してきたジャーナリストが、日本、アメリカ、欧州の利害がぶつかった「戦争」の舞台裏を生々しく描いた経済ノンフィクション。会計基準とは企業の強さを測るモノサシである。国際会計基準(IFRS)は「スイス300年の平和が


 

swits

buy

 

 

book ブランド王国スイスの秘密 [単行本]

出版社:日経BP社
価格:¥1,575 発売日: 2006/2/23

「スイス300年の平和が何をもたらしたか? ハト時計だけさ」映画『第三の男』のオーソン・ウェルズの名せりふである。が、スイスの生んだのはハト時計だけではもちろんない。は、その小さな国土、列強に囲まれた地形をものともせず、現在、世界最強のブランド王国である。「スイス300年の平和が何をもたらしたか? ハト時計だけさ」映画『第三の男』のオーソン・ウェルズの名せりふである。が、スイスの生んだのはハト時計だけではもちろんない。


 

book3

buy

 

 

book 国際会計基準戦争 [単行本]

出版社:日経BP社
価格:¥1,575
発売日: 2002/10

1993年の国際会計基準委員会の定例理事会で、会計基準を世界的に統合しようというプロジェクトに、日本は唯一反対票を投じた。これが「日本経済を奈落の底に突き落とす一票」であり、またこのときが「戦争」の始まりであったと著者は言う。本書は、国際会計基準をめぐる世界と日本の動きと、それがおよぼした日本経済への影響をドキュメンタリー風につづっていく。(戸田啓介)1993年の国際会計基準委員会の定例理事会で、