Theme


■メディア別


gendai

2014-12-26「経済ニュースの裏側」 2014年「いいね!」ランキング

2014-12-24 アベノミクスの成果はあったか。今年の10大ニュースで検証する

2014-12-17 倒産件数減少を、「アベノミクスの効果」というのはおかしくないか


smart

2014-03-19 原発再稼働にも信念なし。安倍内閣にはエネルギー政策の司令塔がいない

2014-02-21 都市ガス事業の全面自由化で、エネルギーの「価格競争」が始まる!

2014-01-22 決まらない「エネルギー基本計画」---安倍内閣の命取りにもなりかねない「原発」への取り組み


facta

2014-12-01 会計士協会長選の「ガバナンス」

2014-11-12 「献金再開」でも力戻らぬ経団連

2014-10-07 GPIFは「緒戦」の塩崎厚労相


erneos

2014-12-15 運用資産の見直しを断行したGPIFには 国民の年金財産を守る組織改革こそ重要

2014-11-05 円安がプラスだという思い込みは危険 日本の産業構造はすでに大きく変わっている

2014-10-14 カジノは観光立国の切り札になるか 「統合型リゾート法」に企業が熱視線


wedge

2014-12-09 あなたはタックス・ペイヤーか それともタックス・イーターか  税金の使われ方を透明化する


wedge

2014-11-17 工場の町・東大阪 郷土の偉人で町おこし

2014-10-28 儲かる漁業へ! 大学と現場が共に考える


forsight

2014-12-18 落第点「コーポレートガバナンス・コード」で株価急落か

2014-12-12 では「増税派」「経済成長派」どちらの主張が正しいのか

2014-11-18 「GPIF改革」めぐる「塩崎大臣vs.厚労官僚」熾烈バトルの内幕


sankei

2014-12-11 財政赤字でも増える公務員ボーナス

2014-10-29 法人減税で「サプライズ」なるか

2014-10-01 GPIF、運用の独立性確保できるか


business

2014-12-19 たとえ危険でも、老朽原発を再稼働させようとするワケ  「新しい原発の方がより安全なのは当たり前」だが…

2014-12-05 消費税先送りに「勝利」した安倍首相は、アベノミクスを貫徹できるか?

2014-11-21 認知症対策は重要な国家戦略だ 安倍内閣でも本腰


166

2014-12-08 消費増税の影響ジワリ  好調だった宝飾品 消費にブレーキ

2014-10-10 復興需要に沸いた東北地方に「消費の変調」

2014-08-11 中国人観光客急増で伸びる「国内外需」


opinion

2013-07-03 国会議員の質問力を評価 政策監視会議(万年野党)

2012-12-03 国会議員の活動データを集積する会

2012-02-14 「報道姿勢について新聞は総括すべき」は正論だ。


interview

2014-11-14 スイス在住を経て - スイス滞在経験を持つ日本人にインタビュー / 日本経済新聞編集委員 滝田洋一氏

2014-11-13 話題の書『人口激減』著者・毛受敏浩氏が語る 「人口激減国家・日本は移民を受け入れるしかない」

2014-10-21 若手向けにビジネス予備校 岡村進・人財アジア社長 「世界で生き残れる、変革心のある人を育てたい」


FAB

2014-06-10 美味しい和菓子をいただきます

2014-03-25 You want to know the truth. Talk to strangers at the bar(フリー淡路ブックNo4特集記事)

2013-12-16 I think about my life as having a cup of coffee(フリー淡路ブックNo4特集記事)


others

2014-12-25 業界なれ合いの政治資金監査 弁護士も税理士も「監査人」(週刊エコノミスト12月2日号)

2014-07-29 社外取締役導入企業が74%に 背景に政治と機関投資家の力(週刊エコノミスト7月22日号)

2013-12-18 日本のエネルギーコストは下がるのか!? LNG市場創設に動き出した経産省の狙いとは


shohyou

2014-09-30 かつての名経営者と現場社員たちが見た「消滅」の内幕-日本企業の現実を描く

2014-02-18 「亀井モラトリアム法」実質延命

2013-06-03 久保利英明著『日本改造計画』(商事法務)


 

■カテゴリー


▶ 金融資本市場の話題


▶ どうなるIFRS


▶日本復活へ、政策を考える


▶ 今、この人に着目


オピニオン


プレミアム・インタビュー


 

 

2011-04-06

大震災復興は「政府の資金」より「善意の資金」の
仕組みを
gendai

 東日本大震災の復興に使う資金の財源をどうするのか、震災直後から様々な声が挙っている。真っ先に発言したのが自民党の谷垣禎一総裁。菅直人首相との会談で、「臨時増税」の時限立法制定について自民・民主の両党幹事長が協議することを確認した、と震災2日後の13日の記者会見で明らかにした。

 次いで声を上げたのが大和総研理事長の武藤敏郎氏。18日に「復興連帯税」の創設を提言。消費税を引き上げることで財源確保が可能だとした。また、中央大法科大学院教授の森信茂樹氏も、統一後のドイツが所得税と法人税に付加税として税率7.5%を上乗せして、年1.8兆円を捻出した例を引き、付加税の導入を提唱した。

 いわば「増税派」だが、谷垣氏は財務大臣も務めた財務省シンパ、武藤氏は元財務次官、森信氏も東京税関長を務めた元財務官僚だ。財務省は震災前から国の財政規律を立て直すためには増税が不可欠という立場であることは周知の通りだ。

 もちろん、このタイミングでの増税には反発が強い。竹中平蔵氏は「菅政権は、経済のダメージを受けたこの時期に、本気で増税する気らしい。経済学のイロハに反する」と真っ向から批判。嘉悦大学教授の高橋洋一氏らは、増税ではなく、10~20兆円の国債を発行して日銀がそれを直接引き受けすべきだとしている。

 増税か、国債発行か。明らかに震災前からの議論を引きずっているが、もう1つ重要な論点がある。国民から集めた資金が本当に援助を必要としている被災者の役に立ち、地域の復興に結びつくか、である。

 仮に復興財源を理由として消費税に1~2%を上乗せしたとしよう。果たしてそれが復興に限った目的税にできるのか。目的税と言った場合、何をもって「復興事業」とするのか。増税しても官僚機構のムダの拡大や、不要不急な公共事業に資金が回ってしまうのではないか。国民は不信を抱いているのではないだろうか。

 民主党への政権交代以降、国家予算の財源は、国債による調達額が税収を上回る状態が2年連続で続いている。戦後の混乱期だった昭和22年度(1947年度)以来の異常事態とされる。戦費調達など国の放漫な支出のツケと説明する向きもあるが、戦争中は国債発行額よりも税収が多かった。

 戦後はなぜ税収を増やせなかったのか。ひとつの仮説は「国への信頼感」だろう。何とか国を支えなければならないと国民が思えば、増税に応じる。だが国が信頼を失えば、政府の増税案は悉く国民に拒絶される。この仮説に従えば、今は敗戦で政府の信頼が地に落ちた戦後以来の、政府への不信感が渦巻いていると考えるのではないか。

 だとすると、東日本大震災という未曾有事態に直面したからと言って、そう簡単には増税することができないのではないか。

「ふるさと納税」の活用も

 一方で、個人の善意である義援金の総額は震災後3週間の間に日本赤十字社と中央共同募金会に寄せられたものだけでも1154億円に上っている。今後届けられる海外からの義援金なども、かなりの金額にのぼり、最終的には数千億円単位になりそうな勢いだ。直接、被災者に届けられる義援金には、国民の大きな善意が寄せられているのだ。

 こうした国民の善意を復興財源に生かすにはどうするべきか。中長期的に見れば、広く国民に負担を求めざるを得ないのは明らかだ。国債発行にせよ、いずれはその償還財源が必要になる。経済が混乱を極めている今すぐにではないにせよ、増税は避けて通れないだろう。

 だがその際には、明確に復興に向けてのビジョンを示し、何にいくらの資金が必要になるかを明らかにしたうえで、資金負担を求めねば、国民は簡単には政府を信用しないだろう。上乗せ税率分の復興財源への目的税化は最低限必要だ。もちろん、その前にもう一度、徹底したムダの排除に取り組むべきなのは言うまでもない。

 いずれにせよ増税論議には時間が必要だ。その間の財源をどう確保していくか。無利子復興国債など「善意」に頼る資金調達方法に知恵を出すべきだ。また、ふるさと納税制度を大幅に拡充し、被災していない自治体の住民が、自らの意思で被災した自治体に税金をシフトさせることも可能だろう。

 現行制度でもわずかな自己負担で税金をシフトさせることが可能だ。静岡県が作っている「自己負担額が5,000円以内となる寄附額の目安」は参考になる。年収600万円の人は3万円、年収1000万円だと8万2000円、年収1億円なら181万円まで、実質的な自己負担5000円以下で、被災地の自治体に寄付できる。

 国民の善意を生かす方法で、必要なところへ必要な支援が行く方策を採っていくべきだろう。

現代ビジネス 磯山友幸「経済ニュースの裏側」 20110406アップ
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2384